家で冷凍食品を作る

 

オーストラリアは、外食が日本よりも高いです。

オーストラリアの回転寿司や焼肉屋で、家族6人で食べに行くと、$200(約¥18,500)*以上します。 

*AUS$1=93円 

 

スーパーマーケットはローストチキン、サラダ、冷凍のピザ、ラザニア、ポテトなど簡単に食べれる物が売られてますが、家で作る方が健康にいい食事が作れるので、我が家はなるべく家で作るようにしてます。

 

 

 

我が家は、食事を作る時は、家族の人数分より少し多めに作り、余った物を透明のプラスティックの容器に小分けして冷凍庫に保存してます。

 

特にカレー、ミートソース、キーマカレーなどの食事を作る時に、食べる人数分より多めに作り、余った物は透明の容器に入れて冷凍庫に保管するだけで、いざという時に、簡単に作り置きした冷凍食品からすぐに取り出して食べることができます。

 

疲れて作りたくない時、子供の習い事で忙しくて作れない時のために、冷凍食品に作り置きしてます。

また節約にもなります。

 

 

容器は、できれば正方形か長方形の容器で電子レンジ対応の透明な容器があると便利です。

 

容器が透明なので中身がわかりやすいのと、使い捨てなので汚れたら捨てる事ができます。

また正方形か長方形の容器にすることで、隙間なく小分けにしてたくさんの冷凍食品を保存することができます。

 

 

容器に入れる食べ物は、容器の8分目まで入れると、電子レンジで温める時に溢れたりしません。

また、外側は温まっても真ん中の部だけがまだ冷凍のままの時は、一度取り出してから少しかき混ぜて再び電子レンジで温めれば便利で簡単に美味しく食べれます。

 

 

 

何か参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。