子供の誕生日会の準備をする方法

 

 

 

オーストラリアでは、子供たちの誕生日会は頻繁に行われ招待されたり招待したりすることが多く、子供たちにとってはとても楽しいイベントです。

 

誕生日会を終えた後、「やってよかった」と毎回思いますが、準備する大変さに疲れて、

「またやりたいけど、もうしばらくは。。。」と思ってしまうこともありました。

子供達の誕生日会をする度に、「今回の誕生日会はどうしようか」悩んでしまいます。

でも、我が家の子供たちは、友達にも祝ってもらいたいので子供の誕生日会を大切にしてます。

 

 

オーストラリアで子供の誕生日会は家庭によりそれぞれ異なりますが、我が家の子供の誕生日会の準備のやり方で、何か参考にできれば幸いです。

 

 

 

 

我が家の子供達は4人います。子供達の誕生日会は、1歳、3歳、5歳と2年おきに公園で誕生日会をしました。

 

子供達が幼い時は、友人と近所の同じくらいの年の子供を招待してました。

 

5歳になると幼稚園の友達ができ、幼稚園のお友達、近所のお友達、友人の同じくらいの年のお友達を招待してました。

 

1番目の長女が7歳になった時に、学校のクラスの友達を招いて室内で遊ぶジャンピングキャッスルで誕生日会をしました。

 

室内で遊ぶアクティビティーは、子供達が遊びに夢中で動き回り、たくさんの子供たちがとても楽しんでくれたのでよかったです。

 

長女が8歳以降になると、特定の友達を招待して毎年誕生日会を開くようになりました。

 

誕生日会の計画

招待する人数により違いますが、招待する子供やそのきょうだい、同伴者を含めて20人以上の時は、1ヶ月半くらい前から計画するようにしてました。

 

招待する人数が少ない場合(10人以下)は3週間前から計画するようにしてました。

 

 

始めに決める事

◎場所

◎日程、開催時間

◎招待する人数

◎装飾するためのテーマを決める

◎食事

◎誕生日ケーキ

◎パーティーバッグ

 

 

 

誕生日会をする場所を決める

野外

*公園

*公共のBBQ施設、

*家の外のプール、またはアパートメントの公共プール など

 

室内

*室内で空気で膨らめせて飛び跳ねるアクティビティー(ジャンピング キャッスル)

*ゲームセンター(Time zone)

*レストラン

*家(ディスコ、ゲーム) など

 

 

公園や野外で誕生日会をする時は、遊具を用意すると場が盛り上がりました

 

*シャボン玉マーシーン

 

*ピニャータ (お菓子や小さなおもちゃが入ってる吊り下げたくす玉を棒で割り、中から出でてきた物を拾う遊び)

 

*パス ザ パーセル(音楽に合わせて何枚も重ねた小包を人に渡していき、音楽が止まったら小包を持ってる人がその小包を一枚開けて中のプレゼントがもらえる遊び)

 

*ピン ザ テール オン ザ ドンキー(目隠しをしてロバのしっぽを正しく置く遊び。日本の福笑いのような遊び)

 

 

 

1歳の頃は、まだ公園の遊具で遊ぶのが難しかったので、シャボン玉マシーンを持ってきてました。ハイハイやヨチヨチ歩きをした赤ちゃんたちが、シャボン玉がたくさん出てくるところに集まってきて遊んでました。

 

幼児期になると、みんなでピニャータやパスザパーセルで遊ぶようになりました。

 

野外の場合は、天候に左右されるので屋根のあるところを選んでます。

 

近くに公共BBQ施設のコンセントがあれば、ケトル(やかん)と市販の水、カップ、インスタントコーヒーを用意すると、招待した同伴者にもコーヒーを作ることができます。

 

 

 

日程、開催時間を決める

子供の誕生日会の日程の2週間前に招待状を学校で渡したり、メールで知らせてました。

 

特に週末は、家族の行事や子供の習い事(サッカーの試合など)の可能性があるので、必ず招待したい人には、日程を調整してもらったり、なるべく早めに招待するようにしてます。

 

各家庭の行事もあるので、必ず始めと終わる時間を伝えるようにしてます。

 

また開催時間は、約2時間くらいにしてます。

 

あまり開催時間が長いと幼い子供たちは、ぐずりやすくなったり同伴者も疲れてしまいます。

 

長女が8歳になってから家で誕生日会をする時は、開催時間を3時間にしてました。

 

誕生日会が終わった後も、子供の友達がまだ家にいたい場合は保護者に誕生日会が終わる30分前までに伝えるようにしてます。

 

 

 

人数を決める

誕生日会に誰を、何人、招待するか決めます。

それにより、食事や誕生日ケーキ、お返しプレゼントを調達することができます。

 

 

装飾するためのテーマを決める

テーマを決めておくとパーティーの装飾やコスチューム、食事のイメージができやすくなります。

 

*好きなキャラクター(プリンセス、スーパーヒーローなど)

*レインボー

*ピンク

*ブルーなど

 

 

例えば、アナと雪の女王のエルサをテーマにする場合、

 

・誕生日の子がエルサのコスチュームを着る。

・テーブルクロスやカップケーキなどを水色にする。

・水色の紙皿に統一する。

・誕生日ケーキをエルサのデコレーションにする。

・風船は水色と白にする、など

 

 

 

食事を決める

食事を決めるのに、まず考えることは招待する人数でした。

 

子供の同伴者が必要な場合は、招待する子供と招待する子供のきょうだい、その保護者の人数分の食事と飲み物を用意するようにしてました。(それぞれの誕生日会で異なります)

 

人数が多い(20人以上)時は、メインとなる食べ物を3つから4つくらい作ることにして他の食べ物は簡単なもの、出来合いのもの(ピザ、サンドウィッチ、冷凍のラザニア、チップス、グミなど)にしてました。

 

人数が少ない(10人以下)時は、メインとなる食べ物を1つか2つ作り、ほかは簡単な食べ物(ピザ、お菓子など)にしてました。

 

始めの頃は量が多い方がいいと思い、たくさんの量を作り過ぎてしまい、結局来てくれた皆さんに持ち帰ってもらうことにしました。

 

 

 

誕生日ケーキ

人数によりケーキの大きさを決めます。

またどんな風にケーキをデコレーションしたいかを決めます。

 

 

 

 

我が家では始めの頃はケーキを作ってましたが、手間がかかるのでお店で特別に注文するようにしました。

 

ケーキの中をチョコレートケーキにして外側をお花の形やスーパーヒーローにデコレーションしてもらいました。注文したケーキはとても美味しかったのですが、招待した子供達はお腹がいっぱいでほとんど食べてもらえず残してました。

 

のちに子供たちや子供の友達のリクエストにより、次回からアイスクリームケーキにしました。

 

アイスクリームケーキは、全部食べてくれました。

 

 

 

パーティーバッグ    (Loot bag)

誕生日会に招かれた子供達は、小さなプレゼントを楽しみにしてるので、子供達に小さな袋の中にいくつかの小さなお菓子といくつかの小さなおもちゃを入れてました。

 

お菓子

*ペロペロキャンディ[Lolly pops]

*グミ

*チョコレート

*小分けのポテトチップス

*クッキー   など

 

おもちゃ

*小さな車

*シャボン玉

*ふうせん

*スタンプ

*笛

*カラーペン

*メモパッド

*スクイーズボール など

 

 

 

忘れずに用意した方がいいもの (意外と忘れやすいもの)

*ケーキを切るための包丁

*誕生日ケーキの時にろうそくをつけるマッチやライター

 

 

あると便利なもの

*マジックペン

マジックペンは、誰が飲んだコップなのか、わかるために紙コップに名前を書いてました。

 

*ウェットティッシュ

ウェットティッシュは、手がベトベトに汚れてる時に便利でした。

 

*多めの紙皿

ひとつの紙皿の上に食べ物を食べ終わると捨てて、新しい紙皿を使う人が多かったので、多めに紙皿を用意した方がいいと思いました。

 

*ゴミ袋

公園のゴミ捨て場は、あると思いますが、誕生日会のすぐ近くにゴミ袋を置いておくと便利でした。

 

 

 

子供のお誕生日プレゼント

子供の誕生日プレゼントは、毎回悩んでしまいますが、子供から誕生日の子は何が好きなのかを聞いたりして子供と一緒にプレゼントを選ぶようにしてます。

 

我が家の子供達は、友達からもらったプレゼントはどれも喜んでます。

 

特に、新しいおもちゃをもらった時はとても興奮してました。

 

また少しサイズが大きめの洋服は、大きくなってから着れたのでよかったです。

 

1歳の誕生日に、出産日から1歳までの12ヶ月分の写真を入れることができる写真立てをいただいたことがありました。

長女の時は一番目だったので、特にたくさん写真を撮っていたため、12ヶ月分の写真を入れることができました。

今でも飾れて、いい写真立てになりました。

 

 

 

9歳、10歳になると、おもちゃにあまり興味がなくなり(個人により異なります)、子供の友達の誕生日会に招待された時は「何が欲しいのか」選ぶのが難しくなってきました。

 

誕生日の子の好きそうなお店のギフトカードや子供たちが遊んでるゲーム(MInecraft など)のギフトカードをあげるようにしてました。

 

どうしてもプレゼントが見つからない時は、誕生日カードの中にキャッシュを入れることにしました。

 

長女もキャッシュをいただいたことがあり、お年玉をもらうようにとても喜んでました。

 

自分で好きなものを買えて、欲しいものが見つからない時は貯金して欲しい時に買うことができたので、9歳、10歳以上の子供にはキャッシュも有りかと思いました。

 

 

 

他国の誕生日会

フィリピンの子供の誕生日会

オーストラリアでフィリピンの子供の誕生日会に招かれた時、フィリピンの子供のお母さん達は、食事をたくさん持ってきてました。

 

誕生日の子供の家族や招待された子供の家族がたくさん来てました。

 

気さくに話しかけてくれて、「もっとたくさん食べて。」と皆んなに食事をすすめてました。

とてもフレンドリーな誕生日会でした。

 

 

ブラジルの子供の誕生日会

招待される度に、とても素晴らしいパーティーデコレーションでした。

 

毎回ハッピーバースデーソングを2回歌い、

 

1回目は、英語でハッピーバースデートゥーユー〜とみんなで歌い、2回目はブラジル人全員でハッピーバースデーソングをポルトガル語の替え歌で歌ってました。

 

母国愛ある誕生日会でした。

 

 

 

 

まとめ

子供の誕生日会は、子供が誕生日の日に友達と一緒に楽しんで過ごしたい、

招待した友達にも喜んでもらいたい、子供の思い出作りにしたいなど、

いろんな思いで誕生日会を毎回工夫してると思います。

 

主催するのは大変ですが、「やってよかった」と思える子供の誕生日会にしたいです。

 

 

 

誕生日会で必要なアイテムです。

◎簡単に飾り付けできるパーティーデコレーションセット(お好みの色が選べます)

 

◎アナと雪の女王 パーティーセット

 

◎雪の女王 エルサ コスチューム

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。