シーワールドのテーマパークで子供と過ごす

 

シーワールドは、オーストラリアのゴールドコーストにある、海の動物やイルカのショーなど、海をテーマにしたテーマパークです。

他にもシーワールドの中に遊園地にあるような乗り物と水遊び場もあります。

 

始めてきた時は、シーワールドの中が広く人混みもあり、どこに何があるのかわかりずらかったですが、わかるようになると2〜3時間過ごすだけも充実して楽しく過ごせることができました。

 

夏の場合は、日差しが強くて暑いのでお水が必要です。

荷物が多い時は、ビーチトロリー(Beach Trolley)で運んでいくと便利です。

 

暑い日に、熱中症対策としてスプレー付きミストドリンクボトルを持ち込むのもおすすめです。

 

 

 

 


シーワールドで見れる生き物

入場口から順番に行くと、  

 

①ペンギン

②クラゲのイルミネーション

③イルカ

④アザラシのショー                                   

⑤エイ (エイに触れることができます)                                 

⑥しろくま

⑦サメ(シャークベイの中)

⑧赤ちゃんペンギン             

⑨イルカショー

⑩アザラシのトークショー    になってます。

 

    

 

エイ

エイは側面のヒレの部分を直接触ることができます。



シャークベイ

シャークベイの水族館の中に行くと、サメや多種類の魚、カメも見ることができます。

水族館の中は涼しくて、混み時間を避ければ夏は水族館の中で涼んでゆっくり魚を見ることができます。

 

 

ショータイム

<午前中>

◎アザラシのショー                                   10:15am-    

◎エイの餌付け (餌付けは有料です) 10:45am- 

◎赤ちゃんペンギンのトークショー   10:45am-   

◎イルカのショー                               11:30am-

 

<正午>

◎アザラシのトークショー       12pm-

(アザラシのショーとは違う場所で、イルカのショーの裏側にあります)

              

<午後>

◎アザラシのショー          2:30pm-

◎エイの餌付け                                             3:00pm-   

◎赤ちゃんペンギンのトークショー     3:00pm-

◎イルカのショー                                         3:30pm-

 

・イルカショーは、たまに開始10分前に人数制限で参加できないことがあるので、開始時間10分前に会場へ参加して席を取っておく方がいいです。

 

 

 

乗り物

乗り物は身長制限があり、身長120cm以上の子供はたいていの乗り物に乗ることができます。

 

でも120cm以下の子供も楽しく乗れる乗り物があります。

 

ブーツ バナナ ブギー

身長105cmから乗れます。105cm以下の子供は、大人と一緒に同伴すれば乗れます。

ハンドルを動かすとバナナボートが上の方向へ行ったり、下の方向へ行ったり操作することができて回転します。

 

キャストウェイベイ バトルボーツ

身長120cm以下の子供は、大人が同伴であれば乗ることができます。

海賊船に乗った人と外側を囲んでる人たちで水鉄砲の撃ち合いをします。

服が濡れるので、水着に着替えておくか着替えの洋服を用意した方がいいです。

 

◎スポンジボブ ボーティングスクール ブラスト

身長105cm以上から乗れます。

子供が楽しめるジェットコースターです。

 

キャストアウェイ ベイ

入場口から一番奥にある大きなジャングルジムのプレイグランドがあります。

頂上まで登っていくと細い橋や網わたりができるようになってます。小さい子供は大人の同伴が必要ですが、子供用なので大人は膝を曲げたり狭いところをよじ登りながら登っていくことになりますが、頂上まで登ると360度の景色を見渡せることができます。

 

 

水遊び場

噴水から水が出て子供達が遊べる場所があります。水着を用意した方がいいです。混み時間を避ければ、日陰のあるテーブルの場所を確保することもできるのでゆっくりリラックスすることができます。

着替え専用の場所はないので、水着をあらかじめ着ておくかトイレで着替えるようになります。

 

お土産売り場

出口のお土産売り場では、シーワールドでしか売ってない海の動物(イルカ、ペンギンなど、)のぬいぐるみがたくさん売ってました。



まとめ

シーワールドは、海の動物やシャークベイでサメや魚が見れたり、エイに触れたり、乗り物や水遊び、キャストアウェイベイのプレイグランドで遊んでたくさん楽しんで過ごすことができたので満喫できました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。